蜂の巣の駆除方法|危険を回避する手段が満載

駆除専門業者の知識が必要

白蟻

何処にでも入り込み食べる

シロアリ駆除には専門性が求められます。シロアリは地中だけでなく、屋内に入り込み天井裏や床下にまで巣を作り、木を食べ尽くします。また、シロアリが食べるのは木に限らず、ガラス以外であれば何にでも噛みつき、発泡スチロールや紙でさえもボロボロにしてしまう恐ろしい虫なのです。RC構造の家やコンクリート基礎の家でもシロアリは簡単に入り込み、床下の配線を食べてしまう事があります。このような被害を受けた場合には、シロアリ駆除は専門業者にお願いするしか方法はありません。素人がシロアリ駆除しようとしても、シロアリの数は数百から数千匹おり簡単に駆除出来るものではありません。地中にいるシロアリや巣の位置まで突き止めなければ、完全に駆除する事は出来ないのです。

専門性が求められる理由

シロアリ駆除に専門性が求められる理由は、地上にいるシロアリだけが全てではなく、目に見えない地中にもいて巣がある事です。シロアリ被害は湿気の多い床下や屋根裏、浴室や洗面所などの水を使う所で発生しますが、そのシロアリが地中のどこを通ってやって来るのか、シロアリ発生の場所を突き止める為に、敷地内の切り株や放置されている木材がないかなど細かくチェックしなければならないのです。シロアリ駆除の方法は薬剤散布と土壌処理により行われます。薬剤散布は床下や柱、壁内に薬剤を散布したり注入してシロアリ駆除する方法で、床下に潜りシロアリの巣に直接散布する必要があり、ここでも専門性が求められます。土壌処理はシロアリが地上に出てこられないようにするのが目的です。床下の土壌とコンクリートに薬剤を散布して侵入を防ぎます。